MAPtorobako5hai
略図       トロ箱5杯

昭和34年(西暦1959年)

    夢にまで見た宇治群島へ

 第1回の九州遠征は僅か2枚の収獲を得ただけの、無惨な失敗に終わったが、その時聞いた宇治群島の名前はいつまでも耳に焼きついて離れなかった。
 竿釣りの宝庫として、一日85枚も釣れたという宇治群島、今度行くときは何としてもそこへ行ってやるゾという思いは、次第に私の心の中で熟度を増し、憑かれたような執念となって凝り固まっていった。目を閉じると、まだ見ぬ宇治群島が、一望千里の大海原に、点点と浮かんでいるのが、網膜の裏に見えるようだった。
 4月25日、二木島の石鯛釣りにアブレ、帰宅すると、手打のH氏から速達が届いていた。鷹島で50枚釣れたから、ぼちぼちシーズンに入ったと思う、お越し下さい、という文面、桁外れに景気のよい情報である。
 さア、そんな情報を目にしては、もう矢も楯もたまらない。早速長距離電話で浜里氏を呼び出し、船の準備を依頼する一方、大童に荷物を整えた。
 生憎、同行の大井氏が都合悪く、佐古田氏またスケジュールあって行けないとのこと、それでも私は行くとばかり、私一人が27日の夜行に飛び乗った。連休をひかえた汽車の中は、立スイの余地もない超満員、私は阿久根まで殆ど一睡も出来ないでいた。
 浜里氏の幸親丸が阿久根まで迎えに来たが、バッテリーの充電やら、氷の補給に2日間もかかり折角の好天続きを、イライラしながら無為に過ごした。ただこの間、阿久根の市場で一貫足らずのサザエをやっと見つけ、それを宝物のように大切に抱えて船に積み込んだのが、せめてもの収穫だった。
 宇治に向けて出発したのは、だから5月1日、この地方では珍しいほどの晴天無風の日だった。そのせいか船足は意外に速く、5時間ほどで目指す宇治群島の遠景が見え、正午には島に辿り着いた。
 島は夢に見たそれと、そっくりだった。紺碧の空とエメラルドの海の真っ直中に、ポッカリと浮かんだその島は、さながら南海の別天地に見えた。ビロー樹が生え茂り、それが南国の強い陽光に映えて、しみ入るような緑の影を一そう濃くしている様は、異国情緒も満点で、遙けくも、来つるものかな、の感を、いよいよ深くした。
 その上、磯の様相がまた、魚の宝庫の称号もさこそと肯かせるほどの素晴らしさ、全島皆これ好ポイントに見える。
 ところで、何はともあれ先ず餌だ。一貫足らずのサザエでは、これからの長期戦に、何としても余りに心細い。早速伝馬を下ろして磯に渡り、まず餌の採集にとりかかった。自給自足という戦法だ。
 此の島には穴子(ナガレコの一種)が多いということだが、磯に上がってみると、成る程、あるワあるワ、忽ちのうちに三貫目ばかりも採集した。それを海水でザブザブ洗って、その一つを口に入れると、実に美味い。これならヒサも飛びつくだろうと思って、時計を見ると午後3時半。石鯛にはちょっと時間が遅いので、楽しみは明日ということにし、船に戻って、今度は夜釣りの準備にかかった。
 夕食後、いよいよクエ釣り、磯に渡って竿を出したが、潮でも悪いのか、コトリともアタリのないままに夜が更けた。船頭氏が小さいフカと巨大なウツボを上げただけだった。(つづく)